トップへ戻る  資格・試験へ戻る

□■□ 一般社団法人 日本船舶電装協会の資格 □■□

 当協会では、会員事業場で船舶電気装備工事に従事する技術者を対象に業務内容に応じて講習、検定試験を行い、合格者に資格を付与しております。資格は次の5種類です。
 取得の流れをみる

区分 資格の種類 業務内容
強電 船舶電装管理者【詳細をみる 電気装備技術統括(電気装備工事(電子設備に関する装備工事を除く。以下この条において同じ。)に関する技術全般の統括業務)
主任船舶電装士【詳細をみる 電気装備技術主任(電気装備工事に関する作業技術の主任業務)
船舶電装士【詳細をみる】    電気装備技術(電気装備工事のうち工事及び試験に関する作業技術の業務)
弱電 航海用レーダー整備士
詳細をみる
航海用レーダー、電子プロッティング装置、自動物標追跡装置及び自動衝突予防援助装置、船舶自動識別装置(これに接続された衛星航法装置を含む)、航海情報記録装置(以下「航海用レーダー等」という。)装備技術主任(装備工事(航海用レーダー等に限る。)に関する作業技術の主任業務)
航海用無線設備整備士
詳細をみる
無線設備(救命設備にかかるものを除く。以下同じ。)装備技術主任(装備工事及び保守に関する作業技術の主任業務)

一般社団法人 日本船舶電装協会